産官学連携について

国の研究機関のプロジェクト成果を広く社会に展開する活動に加え、産業界でご活躍の企業と社会や産業界の課題について、共同研究を行い新しい学術的概念や価値創出に邁進してまいります。

共同研究の考え方

ハプティクス研究センターは、産業界にリアルハプティクス技術を応用した新しいソリューションを創出することを目指しています。
共同研究開発促進事業は、市場にリアルハプティクス技術応用によるインパクトを早期に与えることを目標として


    • ・ 具体的な製品またはソリューションに、リアルハプティクス技術応用による魅力的な機能・性能を付加すること
    • ・ 今まで放置されていた市場に、リアルハプティクス技術応用による新しいソリューションを創出すること

      • を狙いとして、参加企業と共同研究・開発を実施します。

    プロジェクト実績

    • JST「サイバー世界とフィジカル世界を結ぶモデリングとAI」
      研究開発期間: 2021年5月~(探索研究 2018年11月~2021年4月)

    企業連携先一覧

    • 株式会社大林組
    • 横河電機株式会社
    • 住友重機械工業株式会社
    • 日鉄エンジニアリング株式会社
    • 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
    • 富士フイルム株式会社
    • 株式会社ファインテクノス
    • テルモ株式会社
    • 株式会社大橋製作所
    • 東洋鋼鈑株式会社
    • 東京発電株式会社
    • トヨタ紡織株式会社
    • 沖電気工業株式会社
    • 株式会社 情報システムエンジニアリング
    • 日本製鉄株式会社
    • 株式会社NTTドコモ
    • グンゼ株式会社
    • 日本メドトロニック株式会社
    • 村田機械株式会社
    • ネクスティシステムデザイン株式会社
    • 株式会社ネクスティエレクトロニクス
    • マニー株式会社
    • 株式会社豊田自動織機
    • 日本電気株式会社
    • 株式会社小松製作所
    • 株式会社東芝
    • 古河機械金属株式会社
    • 矢崎総業株式会社
    • プラチナ萬年筆株式会社
    • 株式会社小野電機製作所
    • マイクロテック・ラボラトリー株式会社
    • 株式会社ジイエムシーヒルストン
    • 合同会社エープラスエー
    • 株式会社Re-al
    • モーションリブ株式会社

    ※掲載許可いただいている企業のみ

    共同研究事例

    遠隔操作での左官作業を実証
    株式会社大林組/慶應義塾大学

    遠隔操作での左官作業を実証

    力触覚を再現する技術「リアルハプティクス」を適用することで、左官作業における手の動きや力、力触覚を再現可能な建設技能作業再現システムを開発しました。このシステムは、人が操作するコテを模したハンドル装置(マスター)と、現地で動作するコテを設置したAvatarロボット(スレーブ)で構成されています。
    YouTubeへ
    プレスリリース全文 【PDF】

    株式会社 情報システムエンジニアリング/モーションリブ株式会社/慶應義塾大学

    袋状食品包装空気漏れ検査システム

    リアルハプティクスとMR(複合現実)技術を組み合わせた袋状食品包装の空気漏れ検査システムです。リアルハプティクスにより力触覚を数値化することで空気漏れを定量的に評価すると同時に、MR 技術を利用して作業者が装着するホロレンズに検査結果を表示することで、従来の作業工程を大きく変えることなく作業者の熟練度やモチベーションに影響されない的確な作業を実現しました。
    YouTubeへ
    プレスリリース全文 【PDF】




    インテリジェント・ロボットハンド
    シブヤ精機株式会社/慶應義塾大学

    インテリジェント・ロボットハンド

    リアルハプティクス技術を応用した最新のロボットハンドと、AI(人工知能)技術を応用した3Dマシンビジョンを組み合わせた「ロボット選別システム」など、青果物を柔軟に優しく自動でハンドリングする数々の選別運搬装置を開発しました。
    YouTubeへ
    プレスリリース全文 【PDF】

    油圧駆動建設重機
    株式会社大林組/慶應義塾大学

    油圧駆動建設重機へのリアルハプティクス技術応用

    リアルハプティクス技術を建設工事などの油圧駆動機械に用いることで、操作者が触覚・反力を感じることにより、繊細かつ安全に作業を進めることが可能になります。駆動側と操作側の「力の倍率」「距離の倍率」は任意に設定可能であり、操作側の小さな力でも駆動側は何倍もの力で大きく稼働することができます。
    YouTubeへ
    プレスリリース全文 【PDF】




    日鉄エンジニアリング株式会社/慶應義塾大学

    Think Robot® 非定型作業ロボット

    iREX2022で展示していた、MELFAロボットパートナ日鉄エンジニアリングのリアルタイム操作技術と三菱電機のロボットに、リアルハプティクス®を搭載することで実現した接触を伴う非定型作業を可能にするロボットThink Robot®をご紹介いたします。
    YouTubeへ