2017国際ロボット展

ハプティクス研究センターは、2017国際ロボット展 にて講演およびブース展示をいたします。

テーマ

リアルハプティクス技術が世界を変える - 力触覚がAIに甦る


リアルハプティクス(RH)技術がモーション制御に大きな変革を起こし始めました。位置と力を協調させ行為を操る、人間が生まれながらに持っている力触覚機能を機械・ロボットに蘇らせます。人は自転車に乗る等様々な関節や筋肉の複雑な行為情報を連携運動として小脳に記録し、呼び出すことで器用に活用します。RH技術は行為の記録、再実行を通して小脳的AI機能を実現します。さらに扱う行為情報は見える化、超人化や編集が自由自在です。

私たちはRH事業化活動を通し、すでに多くの先進企業との共同研究開発によって応用事例を積み上げています。また、核となる基幹部をABC-COREとして凝縮・モジュール化することで、RH技術の応用開発効率化と実装容易さを実現しました。大学発ベンチャーとして設立した事業会社が、ABC-COREを責任を持って市場に提供していきます。

本展示では幾つかの応用事例を実際にご紹介いたします。RH技術の魅力・到達度を実感下さい。「百聞/百見は一触にしかず」です。

日程

2017年11月29日(水) ~ 12月2日(土) 10:00-17:00

会場

東京ビックサイト 東6ホール : RT交流プラザ内

アクセス

展示

リアルハプティクス技術搭載!双腕型『General Purpose Arm』~Real Avatar・もう一人の自分~

本展示ではリアルハプティクス技術を搭載した双碗型ロボットアーム『General Purpose Arm』をご覧いただきます。リアルハプティクス技術を活用することで、視覚・聴覚だけではなく触れた感覚(力触覚)までもが伝達できるようになり、人間が遠く離れた場所から臨場感を持って動作可能となります。さらに、動作を保存・再現することも可能です。このように、リアルハプティクス技術を搭載したGeneral Purpose Armは、あたかもReal Avatar(もう一人の自分)であり、自身の存在や行動が時空を超越して活用できることとなります。 本装置によって、これまで暗黙のうちに受け入れてきた時空間的な拘束から人類が解放されます。

リアルハプティクス技術による高機能運搬システムの実現

本展示ではリアルハプティクス技術を用いることで、これまでのロボットが苦手としてきた多品種運搬ラインの作業自動化を実現しています。手先で感じる力触覚を小脳的に活用し、見ただけでは違いの分からない多種多様な物体を器用に運搬する様子をご覧ください。また、本システムは、物体を掴んだ際にその物体の硬さや柔らかさ、大きさや重さといった物理特性をリアルハプティクス技術によって瞬時に数値化し、識別することを可能としています。物理特性が多様でばらつく物体の運搬作業の多くをこれまで人手に依存していましたが、本システムを用いることでその自動化や確実性の向上が図れます。物流分野だけでなく農業分野や食品分野での活用が期待されます。

ABC-COREを搭載したポータブル力触覚デバイス

本展示ではリアルハプティクス技術の基本機能である動作の伝達・記録・編集・再実行を可能とする力触覚モジュール:ABC-COREを展示致します。ABC-COREを搭載したポータブル力触覚デバイスを操作して、力触覚伝達の魅力を体感下さい。また、リアルハプティクス技術によって記録した動作を編集し、再実行する様子を動画でご紹介致します。人間は力触覚に基づき本能的に力加減ができます。これは生物の進化過程の初期段階で生物に備わった原始的な感覚です。ABC-COREは機械に力触覚を蘇らせてICT世界に繋ぎ込むことで、ネットワーク経由で任意の動作を自由に活用できるInternet of Actions (IoA)世界を築いていきます。最先端のリアルハプティクス技術は、もう皆さんの身近なところまで来ています。

講演 (日程順)

講演を聴講される方は、こちらから登録してください。(国際ロボット展のページへ遷移します)

◯ 11月29日(水)

ABCコアで実現するソフトロボティクス

講演者 ハプティクス研究センター センター長 大西 公平(慶應義塾大学 理工学部 教授)
日時 2017年11月29日(水) 12:30-13:10
場所 ワークショップ会場 B(東2ホール 入口予定)

◯ 11月30日(木)

リアルハプティクスによるロボット革命

講演者 野崎 貴裕(慶應義塾大学 理工学部 助教)
日時 2017年11月30日(木) 12:30-13:10
場所 ワークショップ会場 B(東2ホール 入口予定)